Corporate

2019-05-08
カテゴリトップ>生活雑貨、デジタル製品>デジタル製品
ビデオカメラ用 正像ピンホールレンズ VP-37KZ 
(VP37KZ)

安心の国産
ビデオカメラ用
正像ピンホールレンズ

VP-37KZ

1

日本製のビデオカメラ直結型・正像ピンホールレンズ


2

コンバーターレンズというクラシカルな撮影スタイル


ビデオカメラレンズ前面にコンバーターレンズを装着するという撮影スタイルはある意味非常にクラシカルな撮影スタイルです。コンバーターレンズはレンズ前面(もしくは後側)に装着することで簡単にマスターレンズの特性効果を変更できます。特にレンズ交換がままならない民生用カムコーダーの分野においては、容易に撮影スタイルを変えられるという利点を享受できるため、また唯一の手段として幅広く活用されています。

3

マルチコートによる高い透過率


コーティングとは、レンズ面での光の反射を抑え、透過率を高めるためのものです。マルチコート(多層膜)は有効な波長をより広げるように複数の膜をレンズに施したものです。

4

乱反射を減らす遮光ネジ


対物先端部のピンホール部には乱反射を減らすために遮光ネジ(ピンホールを覗いたときに見えるギザギザ)を切ってあります。

5

ペチャンプリズム採用で正像化


プリズムは一般的にはダハプリズムと呼ばれるもので、業界内ではペチャンプリズムと呼びます。これがあることで、逆像が正像になります。

使用方法
ビデオカメラのレンズ部には、各種フィルターを取り付けられるようにメスネジが切ってあります。(このネジが無いごく一部のビデオカメラでは、VP-37KZは使用できません。)
このメスネジにはサイズが何種類もあります。φ37mmが最も多数派のため、VP-37KZはφ37mmのオスネジを採用しています。37mm以外のビデオカメラでは、変換リングを使用することでVP-37KZを使用できます。


画面いっぱいにする
VP-37KZを取付後ビデオカメラの電源を入れると、通常1のような映像が液晶モニタに映し出されます。ズーム機能を 使って大きくすると2の状態になります。黒い部分が残りますが、これが上下左右とも最も広い範囲を映し出せる状態です。さらにズームアップをし、3のよう に画面いっぱいにするのが通常の使い方です。上下左右の画角は少し減りますが、対角線としては最大画角(62.4度)になっています。さらにズームアップ することもできますが、撮ることのできる範囲は狭くなっていきます。デジタルズームを使用すると画質がぐんと落ちてしまいますので、光学ズーム領域のみを 使用します。

VP37KZ 仕様

適合するビデオカメラレンズ前にフィルターネジがあり10倍程度の光学ズーム機能を持っているビデオカメラ
外寸58.5×φ40mm
重量80g
対物部外径φ4mm(内径3mm) 1.5mm凸
対角画角62.4度(1.9m離れた位置で2.3mの範囲を撮影可能)
装着ネジ部37mmフィルターネジに適合
※外観及び仕様は予告なく変更することがあります。

★送料無料&代金引換手数料無料!★ 
お手持ちのビューカムをピンホールレンズに! 
この商品を購入された方のレビューすべてのレビューを見る(1件)
このショップのレビューを見る
総合評価条件に満たないため総合評価は表示できません。

eloryさん 20代/男性

評価5.00

投稿日:2011年08月22日

使いやすいんですが、大好きだった!別のところのほうが安い!発送も早い 

使い道実用品・普段使い使う人友人へ購入回数はじめて

このページのトップへ