Corporate

2019-04-08
カテゴリトップ>ヘッドカテゴリー>ドライバー
バルド(BALDO) COMPETIZIONE
568ストロングラック 460ドライバー
グラファイトデザイン
ツアーAD VR シャフト

この商品は第一ゴルフオリジナルカスタム商品のため
納期は約10日前後となりますが、欠品の際には納期が遅れる場合がございますので予めご了承下さい。

※注文後のキャンセルは出来ませんのでご了承下さい。




2019 バルド 568 460 ドライバー

2019 バルド 568 460 ドライバー

2019 バルド 568 460 ドライバー

BALDO(バルド)

COMPETIZIONE 568 STRONGLUCK 460 DRIVER


CAUSE KAMIKAZE IN YOUR HEART
2019 バルド 568 460 ドライバー

それは、飛ばすための要素を追求し続けているか

この言葉は、開発時に常に問いかける言葉です。
飛びの三要素と言われる、ボール初速・バックスピン量・打ち出し角度、
この飛びの三要素が、常に高い次元で実現できるドライバーヘッドを追い求めて製品開発を行っています。

また、バルド打感と呼ばれる、ゴルファーの五感に訴えかけるインパクト時の心地良いフィーリングを生み出すために、
ボディー構造・フェース構造・特殊熱処理など、細部にも細心のこだわりを持ち創られています。

それは、ゴルファーに飛びを連想させるフォルムか

開発コードネームは「KAMIKAZE」
ヘッドスピードを加速させ、ヘッドの剛性をより高めインパクト時のボールにパワーを伝達する性能を向上させる、エアロフォルムボディーにデザイン、

フェースにはレーザーミーリングスコアラインを通常のスコアラインの間に施し、ボールとフェースのより正確なコンタクトを生み出すことで、バックスピン量を最適に安定させる。

そして何よりも大切なことは、ゴルファーに飛びを連想させるフォルムであること、それこそがバルド。
2019 バルド 568 460 ドライバー


460モデルはヘッドの投影面積も大きく、構えた時にとても安心感があります。

重心距離は長めの40mmとなりますが、重心角は大きい設計。

ボールのつかまりも良く、難しさは感じられません。

基本的なヘッドスペックは前作の568モデルを踏襲しつつ、新たにフェースレーザーミーリングが施されています。

このため前作568よりもさらに打感の良さ(やわらかさ・食いつき感)に磨きがかかったように感じました。

ソールデザインも特徴的で、見て、打って楽しめる、これぞバルドといったクラブに仕上がっております。


2019 バルド 568 460 ドライバー





近年の高初速化を狙う様々なヘッドテクノロジーの性能を最大限に活かす事をコンセプトに開発されました。

手元部分の剛性を上げ、強い切り返しにも負けないシャープな鋭い振り抜きを体感でき、先端は極度に剛性を落とさず、走り過ぎを抑制することで、強いインパクトと、癖の無いしなりを実現。手元と先端の程よい剛性バランスで一体感のある振り抜きを生みだします。

デザインは、さわやかなブルーを基調に、前作「IZシリーズ」でも好評のマットペイントを採用。鮮やかなカラーリングの中に“力強さ”と“軽快感”を表現しました。

2018年6月より国内男子、女子ツアーにてプロモーションを開始。シャフト性能、デザインともにプロからも好評を得ています!


品名フレックス重量
(g)
トルク
(deg)
チップ径/パラレル
(mm)
バット径
(mm)
キック
ポイント
VR-4R2465.78.50/7515.15中調子
R1475.6
S47
VR-5R2544.515.20
R15615.25
S5715.30
X6015.40
VR-6SR633.215.20
S6515.25
X6615.30
VR-7S733.015.35
X7515.40
VR-8S852.615.35
X8615.40


※シャフト長:1168mm
■先端径は未塗装時の値です。

■シャフトのカット方法について1Wに使用する場合、基本的にチップカットの必要はありません。 またFW等への使用時はホーゼルへの挿入長+チップカットが、シャフト先端部のパラレル長を超えない範囲での硬さ調整を行ってください。

■シャフト先端部へのパラレル長を超えたホーゼルへの挿入、シャフト先端部を塗装面以上削ってのホーゼルへの挿入は、シャフトの折損を招くおそれがございますのでご注意ください。

■クラブ組み立て時、振動数測定時、グリップの交換時などにシャフトを強く締め付けすぎるとシャフト割れの原因となりますのでご注意ください。

■仕様は改良等の事情により予告なく変更する場合があります。




コードネームは「KAMIKAZE」

このページのトップへ